その他

スピリチュアル家庭の医学心と病気ケガ参考にしている本の紹介

レスポンシブ




本の紹介

気功士津原です。
本の紹介です。
『スピリチュアル家庭の医学、心と病気ケガ』ブログは
こういう本と、
気功士としての体験から書いています。

本スピリチュアル家庭の医学、心と病気ケガ

本スピリチュアル家庭の医学、心と病気ケガ

まずは清島啓治郎先生。

 

有名なところで江原啓之さん、

スピリチュアル版家庭の医学でしょうか。

これまたすごくわかり易いです。
チャネラーとしてもすごい方のようです。

私がこういう心と身体の相関性に興味を持ったきっかけ。
小林正観さんの本です。
会うたびにコテンパンいされていた、
私の恩人です。

もう売っていませんが
『ただしい人からたのしい人へ』

ただしい人からたのしい人へ

ただしい人からたのしい人へ

 

マルカンさんでもらえる小冊子、
(2008年当時です、今もあるかも)
『病気にならない考え方』

斎藤一人病気にならない考え方

斎藤一人病気にならない考え方

一人さんは流石だな~


そんなわけで、
他にも良い本があったら教えてください。
毎度ありがとうございます。

いつもありがとうございます。

 

← 背中のトラブルと性格,意味

首のトラブルと性格 →

 

(2008年6月14日シーサーブログで書いたものです)

レクタングル大

レクタングル大




気功あなん案内

気功整体あなんHP ananda358.com/kikou/
お問い合わせお申込みメール  http://ananda358.com/kikou/contact-us/
※ お気軽にお問い合わせください

携帯
 090-6455-3580

固定 0178-85-9288

 

 

-その他
-, , , , , , ,

Copyright© スピリチュアル家庭の医学心と病気ケガ , 2019 All Rights Reserved.