参考にしている本・引用文献一覧

 TOPページに戻る

参考にしている本・引用文献のご紹介

 高いチャネリング能力を感じる本だと思います。
絶版状態で中古だと少し高くなっていますが、内容はすばらしいです。

チャック・スペザーノ博士のこころを癒すと、カラダが癒される
https://amzn.to/2SfCzWi

 

あらゆる症状が網羅されている、必読の本だと感じています。
気になった時、辞書のように使える本です。
ボリュームのある本です。

『自分を愛して!―病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ』

 

この本もあらゆる症状が網羅されています。
また身体を触ったり語りかける自己ヒーリングの方法も載っています。

ボリュームのある本です。

『体が伝える秘密の言葉 ― 心身を最高の健やかさへと導く実践ガイド』

 

臨床経験の例もたくさん載った本です。
いろんな病気についても簡潔なコメントの表がついています。

『改訂新訳ライフヒーリング(旧ライフ・ヒーリンク゛』

例えを使って哲学的というか、全体的な考えかたも書いてある本です。

『病気が教えてくれる、病気の治し方―スピリチュアル対症療法』

清島先生の現場からの例がたくさん載った本です。
内科分野が多いですが、面白いかと思います。
目次を見て自分が当てはまっている症状があったら、買ってみてはと思います。

『病気を心で治す』
https://amzn.to/35SrYV1

 

江原さんの文庫本。2冊ご紹介。
値段も安いですし、大まかな身体とココロの関係が書いてあります。

『本当の幸せに出会うスピリチュアル処方箋』
https://amzn.to/363hYZs

『幸運を呼ぶ「たましいのサプリメント」 スピリチュアル セルフ ヒーリング[夜眠る前に聴くスピリチュアルCD付き]』

感情センターとして身体を7つに。
病気ごとのアドバイスもついている本です。

『すべてうまくいく 思考で治すヒーリングメソッド』

 TOPページに戻る

2015年11月1日