全身 人間関係

関節症関節炎のトラブルスピリチュアルな意味と性格その2

更新日:

レスポンシブ




関節症関節炎のトラブルと性格

気功士津原です。

関節症関節炎のトラブルスピリチュアルな意味と性格

関節症関節炎のトラブルスピリチュアルな意味と性格

 

一度
『関節・関節炎のトラブルスピリチュアルな意味と性格』
https://ananda358.com/kokorokarada/joint-48/
でやっています。

考え方が固くなっている、
変化したくないみたいなのがある。

今回その2をやってみようと思っているのは、

『関節症は誰かや他のことを攻めている』
『関節炎は自分を攻めている』

という部分をお伝えしようと思ったからです。

関節症スピリチュアルな意味

関節が痛かったりしても、炎症を伴わない。
朝起きるときが一番つらかったりする。

上でも書きましたが、
『誰かや他のことを攻めている』

  • 自分以外に対しての怒りや憎しみ
  • 自分が不幸なのは誰かのせい
  • 自分で責任を引き受けない
  • 不当な扱いだと思っている
  • 硬直している状態
  • 感情や社会的な柔軟性を失っている
  • コントロールに頼りたい
  • 自分が無価値だと思っている
  • 依存心
  • 劣等感や失敗に浸っている
  • 人生が崩壊していると思っている
  • 上記のような感情が奥底に隠れている
  • 変化を恐れていて宙ぶらりんな状態

関節炎スピリチュアルな意味

『自分を攻めている』

炎症症状全般

炎症症状は、関節に限らず次のような意味を持っている。

  • 葛藤を遠ざけている。
  • 未解決な怒り
  • 被害にあった感じ

関節炎の傾向

  • 自分に対して厳しい
  • 立ち止まることを許さない
  • 好きなことをするのを許さない
  • 人に要求することを許さない
  • 他人が自分のニーズを満たすのを待っている
  • 相手が期待に答えないと
    悲しみ、恨み、ひどくなると復讐心
    こういった感情を抑圧している
  • 一見素直だが強情
  • 怒りを抱え込んでいる
  • 怒る自分を攻めている

肘や足など炎症の場所ごとの意味もある。

気功整体の経験から

正直真面目だったり、
考えを変えきれない方が多いかなと思います。

私のところに来るぐらいの方は、
あらゆる治療を試していたり、
スピリチュアルな知識も豊富であったりします。

『自分でもわかっているけれど・・・』
みたいな方が、
自分を変えれないという形で
おいでに
なることが多いです。

 

トラブルのまとめアドバイス

関節症は
『誰かや他のことを攻めている』
傾向があるということは。

他者への思いやり。
自分の情熱喜びを育んでいく。

関節炎は
『自分を攻めている』

他の人が思う通りにやってくれるのを待つのではなく、
はっきり言う。
やりたくないこともはっきり言う。
さばくのではなく、喜びの心を持ってやる。

 

関節症関節炎ののトラブルと性格スピリチュアルな意味その2

でした。

いつもありがとうございます。

手のトラブルのスピリチュアルな意味と性格

(これは最新記事です)

レクタングル大

レクタングル大




気功あなん案内

気功整体あなんHP ananda358.com/kikou/
お問い合わせお申込みメール  http://ananda358.com/kikou/contact-us/
※ お気軽にお問い合わせください

携帯
 090-6455-3580

固定 0178-85-9288

 

 

-全身, 人間関係,
-, , , ,

Copyright© スピリチュアル家庭の医学心と病気ケガ , 2018 All Rights Reserved.