肝臓・腎臓の病気とスピリチュアルな意味と性格




肝臓・腎臓の病気と性格、意味

心のストレスをゆるめてエネルギー=気で症状を改善する。 気功あなん津原です。

肝臓の病気と性格

肝臓の病気と性格

 

今回肝臓と腎臓。

肝臓は怒り
眉間に立てジワがあったり、赤ら顔。

腎臓は悲しみとか怖がり
目の下が黒かったり、
『スイマセン』『ごめんなさい』
が口癖の人も・・・

何故この二つかというと・・・
肩こりとか、ひざの痛みみたいなものも
この辺から来ていたりすることも多い。
こっから、
信じなくて良いよの話です。
気功をやります。

その時、
フーチやOリングテストで、
肩やひざの痛みの
原因を問う。
(2015年現在はキネシオロジーを高速で
行っています。
超能力者?と言われることもあります)

すると
内臓のこの二つのことも多いです。

もちろん痛みのある部分にも、
気、エネルギーを送りますが、
その前に
内臓に送るほうが早く痛みが取れたりします。

【肝臓】
怒る
小さいこと・数字などにこだわる
怒りをためる
自己を攻撃
などです。

腎臓と病気性格

腎臓と病気性格

【腎臓】
真面目、スイマセン
怖がり
神経過敏、
ネガティブな感情を取り除けない

いつもありがとうございます。

 

← 糖尿病と性格

顔・目・耳・鼻・口の痛みなどの意味→

 

2008年3月25日シーサーブログで書いたものです)




気功あなん案内

参考にしている本の一覧ページ
https://ananda358.com/kokorokarada/references-and-citations/

気功整体あなんHP ananda358.com/kikou/
お問い合わせお申込みメール https://ananda358.com/kikou/mail/
※ 遠隔気功、LINEビデオ、スカイプでやっております。
心から来ている症状かな?と感じられたら、
お気軽にお問い合わせください


携帯
 090-6455-3580

固定 0178-85-9288

 

 

-,
-, , , , , , , , , ,