心と病気ケガの関係、スピリチュアル家庭の医学です。心が作る病気やケガについて

スピリチュアル家庭の医学心と病気ケガ

全身

糖尿病スピリチュアルな意味性格|糖尿病

更新日:


糖尿病と性格

気功士津原です。
糖尿病は?』
これまでは、
『燃えていない人』
と単純に答えてましたが、
その他のことも書いて見ます。

糖尿病スピリチュアルな意味性格です。

糖尿病スピリチュアルな意味性格

 

性格病理学のネタ本として、
PL病院等にいた、
清島 啓治郎先生
の本を読んでいます。
面白い記述がありました。
1973年の

続 こころの診察室清島 啓治郎


今から30年以上前、18ページに

>>比較的珍しい病気ですから<<

の記述があります。
あまり糖尿病の方がいなかった。

時は流れ同じ清島先生のご著書。
2003年の

では、病気の性格的な内容はほぼ同じですが、
80ページ。
>>糖尿病専門医に教えてもらった、<<
という記述があります。

専門医ができている。
20人に一人が糖尿病と言われている時代。
(予備軍を入れるともっとなんですが)

日本は贅沢で、良い国なんだな~。
そして
時は流れたんだな~
と思いました。

本題の糖尿病に共通の部分。

食べ物に対することに代表される
執着。
こだわり。
小さな子供の場合は、十分に愛されてないと感じている。
愛を深いレベルで感じることが出来ない。
人のことを押しのける。
自分の話ばかりする・・・(ちょっと私も反省)
手を汚さない、頼まれもしないことはしない。
泥をかぶらない。
そんなところから、
燃えてくることがない。
スマートな行動を望み汗をかかない。

ま~
人間関係もですが、運動不足にもなる。

と、やっぱり
病気の要因を箇条書きにすると
攻めてるみたいになりますね~~。

誰かにお伝えする時は、
もっと
うまく伝えるよう心がけてはいますが・・・
ん~~
どういうスタイルで書くか、
模索中でもあります。
長くなりましたが、
清島先生の他の2冊もご紹介して、
終わりにします。

こころの診察室清島 啓治郎

こころの診察室清島 啓治郎


続々 こころの診察室清島 啓治郎


いつもありがとうございます。

 

← 坐骨神経痛、でん部のトラブルの性格

肝臓・腎臓の病気と性格 →

 

2008年3月23日シーサーブログで書いたものです)


レクタングル大

レクタングル大

気功あなん案内

気功整体あなんHP ananda358.com/kikou/
お問い合わせお申込みメール  http://ananda358.com/kikou/contact-us/
※ お気軽にお問い合わせください

携帯
 090-6455-3580

固定 0178-85-9288

 

 

-全身,
-, , ,

Copyright© スピリチュアル家庭の医学心と病気ケガ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.