足の病気ケガのスピリチュアルな意味と性格



足の病気ケガのスピリチュアルな意味と性格

心のストレスをゆるめてエネルギー=気で症状を改善する。
気功あなん津原です。

今回は下に2015年10月8日の記事をそのままにして、
2022年4月1日 大幅に加筆しました。

足の病気ケガのスピリチュアルな意味と性格

足の病気ケガのスピリチュアルな意味と性格

『人生の前進の問題』
『進むことへの恐れ』

という感じでしょうか。

スピリチュアルな意味

意味するところを箇条書きで
ポジティブなものネガティブなものを箇条書きしています。
病気やケガになるのはポジティブなものはそれをしていない、否定している
ネガティブなものはそのままのことをしている、考えている

  • 人生の前進のための手段
  • 前進に恐れを持ちすぎ
  • 誰かに止められている
  • どっちに行ったらいいか分からない
  • 足踏みしている感じ
  • 現実に根付いていなくて逃避しようとしている
  • 現実から恐れのあまり切り離されている
  • リストラの恐れ
  • リストラを受け入れられない
  • 休憩をしている時の痛みは休んではいけないと思っている
  • 早く進み過ぎか早く達成するためにやりすぎている
  • 成果だけが自分の評価基準になっている
  • こだわり過ぎ
  • 楽しく歩んでいない
  • 人に支えられていないと思っている
  • 理解と意欲
  • 他人への理解がない
  • 未来への恐れ
  • 恐れから一歩を踏み出せていない
  • 間違った方向へ進んでいることへの警告
  • 直観を無視している
  • 戸惑い
  • 途方に暮れている
  • 頼りない感覚
  • 現実離れした感覚
  • 行き詰まり
  • 身動きがとれない感覚
  • 人に借りがあると思っている
  • 全体を見失っている
  • 優柔不断
  • 現状に対して怖気づいている

右足

  • ビジネス、キャリアへの恐れ
  • ビジネス、キャリアへのやる気のなさ
  • 重すぎる責任
  • 怒り
  • 苛立ち
  • もどかしさ
  • 激怒
  • 物質、状態の利益ばかり気にしている
  • 成り行きにまかせられない
  • 力づくで事態を収めようとしている
  • 墓穴を掘るような行為をしている

左足

  • 人間関係への恐れ
  • 人間関係へのやる気のなさ
  • 欲求を見失っている
  • 人の世話に明け暮れている
  • 計画を阻む障害がある
  • こじれた対人関係からの傷を引きずっている
  • もらってばかり
  • 与えてばかり

 

足の病気ケガのスピリチュアルな意味と性格まとめアドバイス

人生を歩むことへのためらい、恐れ。

本当に困難な場合はストップの意味
思い込みや執着、こだわりの場合は心を緩める。

 

足の病気ケガのスピリチュアルな意味と性格

でした。

いつもありがとうございます。

※参考関連記事

【足の指について書いた記事ほか】

【まとめ】足の指のトラブルのスピリチュアルな意味と性格
https://ananda358.com/kokorokarada/toe/

足の親指のトラブルのスピリチュアルな意味と性格
https://ananda358.com/kokorokarada/big-toe/

足の人差し指と中指のトラブルのスピリチュアルな意味と性格
https://ananda358.com/kokorokarada/index-finger-middle-finger-foot/

足の薬指と小指のトラブルのスピリチュアルな意味と性格
https://ananda358.com/kokorokarada/ring-finger-little-toe-foot/

脚のトラブルのスピリチュアルな意味と性格
https://ananda358.com/kokorokarada/leg-43/

 

#足スピリチュアル #足スピリチュアル意味 #スピリチュアル #スピリチュアル病気 #スピリチュアルけが

 

2015年10月8日の記事です。

足の病気ケガのスピリチュアルな意味と性格

心のストレスをゆるめてエネルギー=気で症状を改善する。 気功あなん津原です。

足のトラブルと性格

足のトラブルと性格

『足』
一応くるぶしから下で
足のトラブル
くるぶし、足首
援助への欲求
右側 キャリア、ビジネス
左側 人間関係
に援助がほしい

足は前進するため。
なので
前進に対する手段をもっていない
恐れを持っている。
あとは根付く生き方に変えなければ・・・
とか。

他につま先も細かくあったりします。
因みに私は、
2007年の4月頃から、
両足の薬指や小指に、トラブルがあります。
(薬疹、が一番近い表現でしょうか?)

薬指は、人生に欠けているもの。
右は職場、左は人間関係。
小指は神経過敏・・・
あってるんじゃ~ないノ~~♪
って感じです。

目下の人との関係性であったりもします。
体験的にいうと、
右側は女性との人間関係。
左側は男性。
トラブルがあったりすると出やすい。
誰とでも仲良くが
いいようです。

いつもありがとうございます。

 

(以前シーサーブログで書いたものです)




気功あなん案内

気功整体あなんHP ananda358.com/kikou/
お問い合わせお申込みメール https://ananda358.com/kikou/mail/
※ 遠隔気功、LINEビデオ、スカイプでやっております。
心から来ている症状かな?と感じられたら、
お気軽にお問い合わせください


携帯
 090-6455-3580

固定 0178-85-9288

参考にしている本の一覧ページ
https://ananda358.com/kokorokarada/references-and-citations/

-
-, , , , , , ,