不安のトラブルスピリチュアルな意味と性格|気功あなん

レスポンシブ




不安のトラブルスピリチュアルな意味と性格

心のストレスをゆるめてエネルギー=気で症状を改善する。
気功あなん津原です。

不安のトラブルスピリチュアルな意味と性格|気功あなん

不安のトラブルスピリチュアルな意味と性格|気功あなん

 

日常の何気ない不安、すぐ消えるような不安から
継続的にい襲いかかり、
時にはパニック発作や
様々な恐怖症につながるものまであります。

『無意識の恐れ』
『過去を悔い、未来を憂う』

まとめるとそんな感じでしょうか。

スピリチュアルな意味

意味するところを箇条書きで

  • 恐ろしいという感情
  • 頭から離れない危惧
  • 逃げ出したくなる=本能的反応
  • 怖さから逃げるのではなく逆に戦ってしまう≒ケンカ腰
  • 不安の発作は無意識から湧き出る
    →何もかもが怖い
  • 無意識の恐れ
  • 先祖代々のテーマ家系に流れる考え方や文化の問題
  • 漠然とした不安を無意識に持っている
  • 今を生きたり喜べず、過去を悔い、未来を憂いている
  • 過去にこだわりすぎ
  • 想像のし過ぎで心配 → いろいろな恐怖症まで行くことも

気功整体の経験から

私は気功で身体症状を改善することを生業としています。
心のストレスをゆるめてエネルギー=気で症状を改善する、
冒頭で言っているように、
ストレス、まあ不安を取り除くことによって、

相手の方が症状が必要無くなれば、気功で身体が改善する。

漠然とした不安があっても、ご本人が気づいていないことはたくさんあります。

  • 自分の父母が亡くなった年齢に近い歳になっていく不安
  • 痴呆症の親を介護している時、やけに感情的に怒るなじる。
    実は自分の未来ではないかと思って、恐怖心から来る焦りでものすごく感情的になっていたりします。
  • 血族特有の疾病。ガンの方が多かったり、脳や心臓のアタックの多い家系への恐れとか

不安のトラブルスピリチュアルな意味と性格のまとめアドバイス

ある意味感謝の心を取り戻す。
いろいろな不安や危惧、懸念があっても
そうは言っても
【生かされている自分】

お陰さまというか、
これ受け入れたくない方はいるかも知れませんが、
神=宇宙=囲まれている世界に生かさせてもらっているという、
感謝と畏敬の念を持つ。

人生や生きることへの
ある種のスタンス、哲学
を醸成することが

出口に向かうことかもしれません。

いまだに
管理人も病気や死に対する一定の不安を抱えている。

そんな未熟な自分でも、
今生かされていることへの感謝を忘れず、

精進していこうと思います。

不安のトラブルスピリチュアルな意味と性格

でした。

いつもありがとうございます。

 不眠症、眠れないトラブルのスピリチュアルな意味と性格

→ (これは最新記事です)

レクタングル大

レクタングル大




気功あなん案内

参考にしている本の一覧ページ
https://ananda358.com/kokorokarada/references-and-citations/

気功整体あなんHP ananda358.com/kikou/
お問い合わせお申込みメール https://ananda358.com/kikou/mail/
※ 遠隔気功、LINEビデオ、スカイプでやっております。
心から来ている症状かな?と感じられたら、
お気軽にお問い合わせください


携帯
 090-6455-3580

固定 0178-85-9288

 

 

-
-, , , ,