見方道 考えたこと

仕事や人生の方向性を考える時に示唆されていることを考えてみる|仕事の悩み|見方道

仕事や人生の方向性を考える時に示唆されていることを考えてみる|仕事の悩み

見方道アドバイザーの津原です。

コロナショックで、
今後の仕事や人生を考えさせられている方も多いかもしれません

示唆されていること。
スピリチュアルな感じだと
来ているメッセージを探る
気づく方法の一つ。

時間やお金を使ったことをピックアップしてみる

私のところだと、
人生相談や気功をやっているので

  • 整体など体のケア
  • 病院
  • カウンセリング
  • 占い

みたいな方も多いです。
こういったものが仕事につながっていったりもします。

整体を受けていて、
40歳ぐらいで
カイロプラクターになった方もいます。

津原はうつ症状→見方道アドバイザー

私自身がうつ症状がきつかったので、
いろんな心理療法の本を読んだり、
斎藤一人さんの講演テープを聞いたり。

仕事や人生の方向性を考える時に示唆されていることを考えてみる|仕事の悩み

仕事や人生の方向性を考える時に示唆されていることを考えてみる|仕事の悩み

何より
小林正観さんに薫陶を受けた
(=いつもコテンパンにやり込められていた)
→「チックショウ~」(小梅太夫風で)

それは冗談で、
正観さんにダイレクトに教わったこと、
横で正観さんの相談事に対する答え方や
その姿勢を見ていたこと。

いつしか
人生相談を生業にしていくことになった

ポジティブだけでなくネガティブも仕事や人生の方向を示していたりする

例えばサッカーやテニスが得意で、
プロになる。
本が好きで小説家になるみたいな
ポジティブな流れ。

一方、一見ネガティブも方向性を示唆していることも多い。

私の例でも、
死にかかるようなうつ症状が何年もあったおかげで、
今の人生相談が出来るようになった。

ネガティブも資源=リソース
であることが多い。

仕事や人生の方向性を考える時に示唆されていることを考えてみる|仕事の悩みまとめ

いまコロナの中、
オフラインからオンラインにメインの活動を移したり。
お店での飲食からデリバリーになったり。
活動の範囲を変えて対応を迫られている方も多いでしょう。

さらに
業界や仕事そのものをやめて、
新たな分野で仕事を始めるしか無い状況の方も
いると思います。

一度
【自分の人生の棚卸し】

楽しい経験もつらい経験も。
趣味や遊びも
書き出したりしてみると、
自分の人生の方向性が見えることもあるかもしれません

いつでもご相談くだされば、
お手伝いさせていただきます。

他人から見たほうが
解ることも多かったりしますので。

いつもありがとうございます。

 

 

-見方道, 考えたこと
-, , ,

© 2020 見方道アドバイザー津原の人生相談|カウンセリング